そんな気がして

さよならを恐れていては
何もすることができない

どうせ死ぬんだから生きていても仕方ない

万人が考えていては
人類の存続は危ぶまれる

一時の感情に流されるな
というのはよく言われることではあるけれど
感情に流されなければ
何をエネルギーにすればいいのだろう

自分がしたいと感じること
自分がいたいと感じる場所
事実なんてありゃしない
あるのは認識のみで
自分がどう感じるかで
その事象は大きく姿を変えてくる
虎視眈眈と

失いたくないのなら
追いかければいい
ずっと一緒にいたいなら
離さなければいい

独りでひっそりと回想する場面
誰も幸せじゃなかったのに
オレすら幸せではなかったのに
なにかが満たされている感覚
自分のエゴですべてを壊して
自分で再構築しようと必死にもがく有様

冗談だよ
って
クスって笑いながら
優しく肩を撫でてくれる

その時だけは指輪をはずして

お願いしても
自尊心と猜疑心がそれをゆるさないのね
それでもいいと
聞こえないように呟くけれど
表情からもうばれてるみたい

貴方といるときは

心が安らぐ

というか

精神が弛緩している

という方が表現として合っている気がする
なんだろうねぇ
緊張とも違う
それが
何ものなのか
どんな形をしているのか
全く見当もつかないまま
このまま奈落の底まで落としてもらおうか

逢えない日々がどれだけ辛いのか
意識することもできずに
ただただ
ゆっくりとノロマなくらいに流れる時間に
ただわが身を任せるばかりで

あぁ
このままがいいのか
それとも
いっそ断ち切ってしまったほうがいいのか
今日は朝までウイスキーと一緒に考えることにするか
[PR]

by lastest | 2009-08-23 01:19