前髪ぱっつんにした

ゆーくり
少しずつだけど
陽が延びてきた

寒さ
としては
二月が一番寒くなる
という感じがあるけれども
太陽と気温の間には
すれ違いがあるようです

まぁ
寒けりゃ陽が短い
スウェーデンの人から言わせると
偏見なんだろうけれども

オレの感覚でいえば
春はもうすぐそこに来ている

あたたかい
というのは
心も身体も開放的になり
いかんせん冬とは人間が変わる

ただ
オレは
冬の人間のほうが
好き


振り返っても
なにも見えないような暗い舗道を
しっかりと目を凝らして
何も見失わないように
何も忘れてしまわないように

この舗道も
あと何回通れるだろう
あと何回雪に触れれるだろう
あと何回あなたに逢えるだろう

何かを失ったときに
あとから
それが大切だったのかなぁ
とか
まぁ大丈夫か
とか
天秤にかけたりするのだけれども
毎年
巡ってくる季節に対して
あの時のあの風景がとても大切だった
なんて
愚痴をこぼしても
それはなんの意味も持たない

というか
そういう感情って
言葉で現せないことが多くて
本当に悲しいと
涙が出ない
とか
感情というのは
それが高まりすぎると
その感情を感じない
とうけれども

今降っている雪は
今しかみることが出来ないし
今感じている感情は
今しか味わえない

つまり
これもいわゆる
オレの大好物なのである
[PR]

by lastest | 2013-01-23 23:22