たまごごはんに梅干しとごま油が合う

色んな
自分が全く知らないヒトは
相手も自分のことを全く知らない

オレに人生があるように
そのヒトにも人生がある

街中で全く知らないヒトに
不快感を覚えることがある

煙草の煙とか肩がぶつかる
とか

それに不快感を覚える自分の
スケールの小ささは置いておいて
そういうヒトにも親がいたり子供がいたり
家に帰れば待っててくれるヒトが
いるんだろうなぁ

オレが大切に想っているヒトは
オレのことも大切に想ってくれている
と仮定して

じゃあ
知らないひとにもそういう人間関係はあるのだろうなぁ


例えば
エスカレータをふさいでいる年配の女性とか
自分の母親と重ねてみる
オレみたいな子供がいるのだろうか
とか
エコバックを持っていれば
これから家に帰って料理を作るのかなぁ
とか
旦那とは恋愛結婚かなお見合いかな
とか
色々想像してみると
なんか
自分の不快感とか結構どうでもよくなって
結果自分の精神衛生状態が良くなる
ことが多い

それが
知り合い
とか
親友
とか呼べるヒトになれば
それは尚更顕著になって
少し不快感というか違和感を覚えても
あくまでそれは
自分のなかで生まれたものであって


そうか
こういう考えもあるのか
こういう言葉の使い方もあるか

嫌味でもなんでもなく
勉強になるなぁ

結局
そういうところで
自分は得してるなぁ

色々な形で気づかされることがあるのです

人間関係
って
漢字にすれば四文字だけど
そこには無限の楽しさが詰まってるなぁ

生ぬるい空気のなかで
感じた今日でありました
[PR]

by lastest | 2014-03-24 01:29