<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

地球儀の裏側

最近生活のリズムがいいのか、悪いのか
変わってきてます
だいたい21時くらいに寝て大概は夜中に起きます
今日は例によってそのサイクルで目覚めたわけなのですが
思ったより夜はもう寒くないね
だんだんと春が近づいてきてるんですねぇ
ということはこの風も春一番なんですかねぇ
そりゃネコも外に出かける頻度が増えますわなぁ
かわいいねぇ
春は出逢いと別れの季節ですが
今年も素敵な出逢いと別れがありそうな予感がします
まぁ
そんなに人付き合いが得意ではないので
オレにとっていい友人が出来るということは
お互いにハッピーになれるような気がします


最近また英語の勉強を始めました
TOEICを受けるからです
リスニングしかやってないけど
意外に聞き取れますなぁ
この前もクラブいったときアメリカ人と話でしたし
まんざら劣ってるわけでもないようです
700はとりたいねぇ
言語というのはものすごく個性の強いコミュニケーションツールなので
なかなか使いこなすのが難しいですが
だからこそ
繋がったときは強く思う思うことがありますねぇ
[PR]

by lastest | 2008-02-27 04:33

THE GOLD

アメトーークの出川ナイトすごかったねぇ

おもしろかった

あそこまで人間を笑わすことの出来る人間はすばらしい
なんか嫁さんも美人らしいしねぇ

ちーまーとかには殺すぞとか言われてるらしいけど
それはそれでいじられてるだけなのかねぇ
ま、怖いだろうけど

人間を幸せに出来る人間というのはなかなかいないのではないだろうか
恋愛という意味ではお互いに幸せに出来るのだろうけれども
より浅い関係での幸福というのは
それなりでしかない、ということが言える

それにしても出川おもしれぇ!!
腹抱えて笑ったよ

この人の前では
幸福とか関係ないのかもね
ただただ笑ってればいいのかもね

とりあえず
笑えることがあるというのは
幸せなことであって
笑うことによって
より幸せになれる
笑いっていうのは
正のサイクルを生み出す存在だね
笑いという概念はずっと存在してほしい

オレも笑うことによってどれだけ救われただろう
無理やりでも笑うことで
とりあえずその場は凌げますよ

頑張りましょうよ
世の中さん
[PR]

by lastest | 2008-02-16 04:14

黄色い改札扉

誇りを持って話せること
っていうのは
みんなが持ってるものなんだろうか

自分の経験が他人のためになるというケースは稀なんじゃないか

考えた

少なくとも鏡を介さないで姿がみえるということは
自分以外の存在であるといっていいんじゃないの

ってことは生まれた瞬間から違う存在なわけで
違う人生を歩んできた

フェラーリを1000台売った男
という本を読んでいます
カリスマ的営業法の本ではなく
フェラーリを売ったお客の人生の系図を書いた
という感じの本です
さすがにあれくらいの価格帯の買い物になると
色々なドラマがあるようです

医者に長くないことを宣告されたサラリーマン
独りも友だちがいない男
フェラーリに乗れば彼女が出来ると考えていたおっさん

など
まだ途中だけど
おもしろい本ですねぇ

同時にかった本に100年の愚行
というのがあります
写真集ですが
経済発展のうらで犠牲になった
自然環境や貧困層など
世界の一面を撮った写真集です
これもおもしろかったです
誰かのブログに書いてって衝動買いをしてしまったんだけれども
これがなかなかのヒットでした
決して綺麗な写真とはいえないが
素直な描写は考えさせられるものがあるようなないような
いずれにせよ
本はいいねぇ
落ち着くよねぇ

お笑い番組の次に好きだわ

[PR]

by lastest | 2008-02-07 05:31