<   2008年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

アスファルト濡らす涙

段々と寒くなってきましたねぇ
青森では雪が積もったみたいですよ

雪はいいよねぇ
枝からごそっと落ちる雪のおと
舗道に積もった雪にそっと落ちる

そっと手を添えて
強く抱きしめてあげたい
やみそうもない雪を見つめながら
そっとふたりのぬくもりに感謝しながら
このまま朝を迎えたい

冬といえば
スノーボード
雪合戦
国道での雪上ドリフト  そして   炎上
など
楽しいことのオンパレード
ですねぇ

そして
一番感傷的になる季節でもあります
喜びのおとも
悲しみのおとも
雪の降るおとにすべてかき消されればいいのに
冬も夜も
それを許してはくれず
ただ
雪の降るおとをききながら
ずっと膝をかかえて想いをめぐらすしかないのです

愛しいと想える瞬間が愛しい
[PR]

by lastest | 2008-10-30 02:13

もし、あのひとじゃないとしたら

今日は偶然に異性の友人に逢いました
恋人のバースデイが近いとのことで
サプライズプレゼントを準備しているとのことでした

ステキですね
たいせつなひとのために
自分の時間を惜しまない
というのは
その友人も
口では悪態らしきものを発していましたが
顔やしぐさは
まるでおもちゃを選ぶことものように
キラキラと輝いていましたよ

両親であれ恋人であれ友人であれ
たいせつなひとに
何かをしてあげるというのは
とても心地よくなります

ONEとはまさにそういう意味なのでしょうね
唯一無二のもののために
自分を惜しまない

今日は朝から曇り空でしたけれども
気温がちょうど肌寒いくらいのこともあって
穏やかに過ごすことができました

秋も深まってまいりましたね
やっぱり
四季がある日本は心地いいですね
何年住んでいてもそう感じます
[PR]

by lastest | 2008-10-28 01:39

眩しい光のなか

悲しい感情なんて
ないほうが
幸福に暮らせるにきまってるじゃない

ただ
オレは幸福を感じていいの?
幸せになっていいの?

時が過ぎれば
想い出に変わって
傷口もふさがるとおもってた
それは事実だった

でも
それがもどかしいのはなぜ
時が過ぎて想い出に変わってもいいの
本当に傷口はふさがっていいの














いいにきまってるじゃない
自分の好きなように
自分の生きたいように
自分の人生を歩んでいきなさい
過去のことは
過去のオレがずっと覚えているから
未来のオレは過去のことは安心して忘れていっていいんだ

なんだ
そうかひとりのつよさにおびえていただけなのか
なんだつよさをじかくして
ひとりになるのがこわかっただけなのか
[PR]

by lastest | 2008-10-25 02:08

みんな ありがとう

ある書物によると
オレは恋愛依存症の傾向があるらしい

確かに
恋愛をしているとそれ以外のことをすごく頑張ることができるし
恋愛中の相手以外がどうでもよくなることもある

でも
そんな傾向は誰でも
多かれ少なかれ持っている性格であって
オレは束縛する人間ではないし
愛する人間に先立たれたって己の命を絶ったりはしない

己の人生だ
他人に左右されることなく
己の人生を生きたいじゃない
でも
結婚をして
子孫が生まれ
その子孫が結婚をして
その子孫の子孫が生まれる
そんな感じで
人類及び動物は生存しておるわけですなぁ

ちなみに子孫繁栄以外でSEXをするのは人間だけらしい
つまり子孫繁栄の行為に快楽を見出したのが人間ってわけで
楽しくなければその行為や思想は発展しないわけで

それが正しいことであるのか正しくにことであるのかは
オレには到底一生わかることはないだろうけど
あと100年したら街中を普通に全裸で歩いて
街中でSEXしてる時代がきてるかもしれないね
だって
この数年でアダルト産業が著しい発展をして
闇サイトみたいなものまであるじゃない

オレは頭が悪いので
政治家とか官僚が考えていることはよくわからないけれども
法律や自尊心なんてやつは
時代によって変わるもの
明治時代は女性は明治時代初期は女性が下着をつけないのが普通であったわけだし
それに逆行して
アダルトまではいかないまでも
モザイクギリギリのグラビアアイドルもたくさんでてきてるよね
それをマスターベーションの材料にする人間もいるし
それを汚いと感じる人間もいる

オレの考えは
愛のあるSEXしかしたくないという考えがある
外出して一夜限りの愛を確かめあうことも素敵かもしれない
でも
オレは愛は一夜限りでは終わらないと考えている

その場限りのSEXはただ快感を求めているものであると
オレははっきりといえる
ただはそのことを否定はしないよ



というオレも
似たようなことをずっと繰り返して
進歩のない日常を過ごしている
本気で人生を振り返ったことがないのだろうね
そうやって自分から逃げて一生を過ごしていくのだろうか
でも
負け組の人生も悪くない
お金とかじゃなくて
思想的な負け組

素敵じゃない
あと数年のオレの人生に
どんな結末がまっているのだろう
[PR]

by lastest | 2008-10-22 01:02

ヒューヒュー っていうCMってなんだっけ・

悲しい



切ない

って違うニュアンスだよね

広辞苑で意味を調べてみた

悲しい

自分の力ではとても及ばないと感じる切なさをいう語。悲哀にも愛憐にも感情の切ないことをいう。

切ない

切迫されて苦しい。胸がしめつけられる思いでつらい。




まぁ、以上が主だった意味でございます
この意味だと切ないは悲しいの中に含まれている気がしなくもない

つまり悲しいのが切ないよりも
大きな感情であるということができるかもしれない

ここ何時間かは
悲しい
と感じるより
切ない
と感じているかもしれない

悲しいには過去へのニュアンス
切ないには未来へのニュアンス
をくみ取れるのはオレだけか

なんか
悲しいって失恋のニュアンスがあって
切ないって片想いのニュアンスがあるじゃない

悲しいには
哀しい

愛しい
の漢字もあるみたい

身にしみていとしい。かわいくてたまらない
興味深くてて強く心ひかれる
なんて意味もあるらしい

もう
悲しい想いはしたくない
でも
切ない想いであるならば
心が暖かくなると想う

そういった意味では
オレの中の感情は
悲しいから
切ない

変わってきてます
[PR]

by lastest | 2008-10-21 01:10

素敵な人生の調べ

ありがとう

なんて素敵な五文字

特別なひとに言われると

また格別

さて

そろそろ

消えようかな
[PR]

by lastest | 2008-10-20 00:56

週末の特別n

悲しい
ただ
悲しい

この悲しみをいやせる人間はいない

誰か
助けて

オレを
この世から
救ってよ
[PR]

by lastest | 2008-10-17 02:53

鎖に繋がれたオレの心を奪うのはルール違反だ

crying
[PR]

by lastest | 2008-10-16 02:56

kんさどlfgsjにふぉg;jsk

ふと
遠い昔のことを想いだした

といっても
ほんの数年前のこと

だがしかし
素敵な記憶

記憶をなくすというのは
人生を枯渇に導く一因かもしれない
[PR]

by lastest | 2008-10-16 02:49

読書をしながらたった一人のあなたを探す

頭がよくなりたい

願っていた

しかし
あまりに頭がよいということも問題がある
と考えた

うれしい出来事
かなしい出来事
己が生きているうえで
様々な出来事が起きる

それをすべて鮮明に記憶するということは
大凡の人間には不可能であろう

しかし
これが完全に記憶として残り
一生鮮明なまま脳みその中心にあるとしたら

ゾッとする
うれしい記憶であれ
かなしい記憶であれ
段々と薄れていくから
あんた過去もあったなぁ
とか
懐かしいなぁ

済まされる
というか
助けられる
ことが多々ある
少なくともこの世の存在しているうちは

しかし
頭がよすぎる人間
つまり記憶力に長けている人間は
記憶を過去にすることができない

どんなにうれしい記憶であろうと
どんなにかなしい記憶であろうと
それらは
ずっと頭の中心にあって
遮ることのできないまま
生涯をすごしてゆくことになる

ひと時でも愛し合った幸福
愛するひとを失った喪失感
それらすべてを受け止めて生命を持続できるほど
人間は強い生き物ではないと考えている

きっと一生思い出してしまうであろう恋愛は
誰でもひとつやふたつ
もっているだろう

しかし
それは過去にできるから思い出せるのであって
忘れることなくずっと反芻するのであれば
それは懐かしさとはほど遠い位置にある

あの時は一生懸命だったな
とか
あのひとは元気だろうか
とか
あくまで過去にしているから
ゆったりと
自分のリズムで語れるのが想い出であって
強迫観念として
無理やり想い出に変えていくのは
かえって
心理的衛生面でよくない

だから
記憶力はよくないほうが
単純に生命を持続できていいのではないかと考えた
それがうまく生きる手段だ
それが全うに生きる手段だ




しかし
めっきり秋らしくなって
読書が楽しくなってきましたねぇ
読書をしながら
人間観察をするのが
楽しいです
いろいろな人間がいるんだなぁ

あぁ
人間の生命とはすばらしい
すべてが輝いてみえる


どう思うかね
みんな
書き込みしていておくれ
[PR]

by lastest | 2008-10-16 02:31