<   2008年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

笑顔が素敵なあなたへ

いつも通る同じ道でも
突然
過去に引き戻されることがある

服装であったり
気温であったり
天候であったり
気持ちであったり
持ち物であったり
音楽であったり
呼吸であったり

いろいろな要素がいくつも重なると
ふと何かに包まれたような気分になる

特に想い出の場所
というわけでもないのだけれども
なぜか
やさしい気持ちになれたりする
せつない気持ちになれたりする

そんな気分に
包まれるとき
陥るとき

オレの身体の中には
きっと
綺麗な血が流れている
ドス黒い血が流れている


何かをうしなうとき
それは必然としてうしなったのだと考えるようにしている
形があるものも
形がないものも
うしなってもいいものも
うしないたくないものも
すべては必然でうしなうのである

よいなにかをうしなったときは
いつまでもそれにすがるな
わるいなにかをうしなったときは
もうそれをうしなってもいい頃あい
ということだと
考えるようにしている

ただ
どうしてもうしないたくないものも
もちろん
だれにでもある
それをあきらめられるか
もしくはあきらめることはダメなことなのか
その考えたによって
そのひとの生き方がみえてくる
[PR]

by lastest | 2008-11-28 20:37

オレは一生食べざかり

自転車を新調しました

AIRWALKのワインレッドで27インチアップハンドル仕様
だいぶ運転しやすくすぐに気に入りました

自転車でもウォーキングでも
自分の体身体を使うというんは
物凄く気持ちがいい
オレは音楽が大好きなんので
iPodを使用しながら行動をしますが
特に市街地などは
音楽以外にも
様々なその市井の音というか
すれ違う人の会話であったり
客引きであったり
商店街のテーマソングであったり

自宅にいては聞けないような音がたくさんある
もちろん
市街地以外にも
風が吹いて木の枝が揺れる音であったり
スニーカーと地面が摩擦する音であったり
音のない音であったり

居心地のいい感じがする

音がなかったら生活するのはとても不便だけど
なくても生活ができるかもしれない
とおもう
でも
五体満足で生まれてきた人間としては
そのことに感謝して
感じれるものはしっかりと感じたほうがいい
愛する人の声であったり
猫の寝息であったり
聴いていた
とても素直になれる瞬間のある音が
今のオレのまわりにはたくさんあふれている

それを聴けることがどれほど幸せなことか
オレはまだしっかりと自覚できていなかったみたい

素直にならないと
いけないときもある
[PR]

by lastest | 2008-11-25 04:27

あsdfghjkl

口の中の湿り気がものすごく少ない
空気が乾燥しているからなのかなぁ
チョコレートの食べ過ぎかなぁ

そして
口の中の関節?骨?
とりあえず柔らかくない部分をよく噛んでしまいます
おかげで常時血生ぐさい
でも
なんとなく血生ぐさいのはすき
すっぽんの血とかもたぶん好きだもん
飲んだことないけど、、、ね

とりあえず
冬ですなぁ
タバコが吸いたくなる季節ですが
ちょっとのどの調子がよくないのと
身体のことも考えて
控えようと考えてます
呑み会以外でねぇ

毎年のことですが
冬が本格的にやってくると
感受性豊かになるというか
どうでもいいことにまで
思考が及ぶようになってしまい
とてつもなく脳みそがつかれてきます

脳みそがつかれるっていうのは
悪い意味で
対して脳みそつかってもないくせに
疲れるという
オレの思考回路の少なさを現わしています

でも
それでいいとおもう
思考回路が少ないということは
決してわるいことばかりではないとおもう
記憶しておきたくないことを
忘れることができるというのは
とても素晴らしいことだとおもう
[PR]

by lastest | 2008-11-21 02:18

猫の鼾うるさい、、、カワイイ!

ふと貴方が その名前を呼ぶだけで
切ない未練が伝わってくるの

いつまでもまぼろしを追うことはできないわ
あの時ちゃんと悲しまないから 今笑えないのよ

運命はぜったいに待ってくれない
俯いていれば おいてかれてしまうわ
消えてゆく後ろ姿を 私は一瞥して踵をかえす

気付かれぬ様 深く息をはく貴方
何を考えているのか予想はつくわ

楓並木の下で冬が来るのを待ってる
いつかの笑顔を見せて 私はここにいる

運命はぜったいに待ってくれない
もう少しすれば 波音が聴こえてくるわ
貴方をこ惑する気も つき放す気もないんだから

別に誤ってくれなくてもいいのよ
何かを許すつもりはないし その気もないでしょ


女性の感情というのは
なかなか理解できないところがありますね
[PR]

by lastest | 2008-11-20 02:06

違法区域のわな

読んだ本に
「自分以外は皆バカ世代」
という触れ込みがあった

自分以外が皆バカ
ということは
他人は尊敬できんということになりますよねぇ

確かに
モンスターピアレントや
最近じゃ
モンスターペイシェント?
なんて言葉もありますねぇ
ちなみにペイシェントって患者って意味で
形容詞になると辛抱強いって意味になります

ここで一発ギャグ
ペイシェントはものすごく我儘だから医者はペイシェントにならなければならない
これ前も書いたかなぁ

上のはギャグにしても
高い治療費を払わないとか治療が遅れているのに腹を立てて暴力
なんてのも結構あるらしいねぇ

消費者相談センターに行けば
自分の非を認めずに如何にスーパーが悪いかをずっと騒いでいる



成果主義が導入されて
自分が評価をされるためには他人を蹴落とされなければならなくなり
他人を肯定することが悪と言わんばかりに他人を否定する

議論でも
全うな解決策を皆で導き出そうとせず
相手の意見を如何に論破するかに重きを置く
これってどうなんだろうなぁ
と考えてしまいます

どう考えてもこれはおかしい
と自分の信念を持って言えることなのであれば
それは素晴らしい生産性のある時間の使い方だろうけど
オレレベルの人間が聴いてもおかしな意見が
メディアでも日常でも蔓延ってるし
相手を負かすため
とか
自分だけが勝ち上がるため
っていうのは
オレは少し違う気がするんだよなぁ

それだったら
ホリエモンとかワンマン社長のほうが立派だとオレは考えるんだよねぇ
ま、捕まっちゃ意味ないけど
少し前につかまって以来初めてバラエティに出てるのをみたけど
彼なりの哲学は顕在だった気がしたよ
逮捕されようが命狙われようが己の信念は曲げない
それが哲学ってやつだと
オレは想います

ただ
それで殺されたり
人生フイにしちゃ意味がねぇから
そこらへんを臨機応変に生きていくのが人生の楽しさ
ってやつなんじゃないでしょうか

もっと他人の尊厳とか畏敬の念とか
しっかり考えればトラブルになることなんてそうそうないとおもうんですけれどねぇ
要するに想いやりをもって生きてる人間は
他に人にも愛されるよ、やっぱり
[PR]

by lastest | 2008-11-17 23:23

にゃーーーーーーん

今日はあらためて
様々な方々に支えられて
生きているんだなぁ
ということを
意識した日でありました

人間と人間のかかわりあいって
もちつもたれつ

ところが
大きいなって
改めて感じました

オレは
たくさんの人に支えられて生きている
たくさんの人に想われて生きている

改めて感じました

強がって
去勢をはっても
独りであるということは
とてもさみしいことです
孤独であるということは
とても寂しいことだと想います

オレは
控え目にいっても
性格がいいほうではありません

しかし
そんなオレでも
受け止めてくれる人がいる
という事実に今日はとても感動しました

そんな方々と一緒にいると
とても楽しいし
とても幸せな気分になります

この幸福な気分を
少しずつでもいいから
少しでも多くの方々に恩返ししていきたい
少しでも多くの方々に同じように幸せになって戴きたい

猫がベットからめざめてきた
少なくともこいつは海老を食べられて幸せそうだ
猫ですら
その幸せをオレに分けてくれている

まだオレは人々を幸せにするような
大袈裟な人間ではない
でも
いつかは
ひとりでもいいいから
他の人を幸せに出来るような人間になりたい

心から
オレを支えてくれている
すべての人々に言いたい

ありがとう


[PR]

by lastest | 2008-11-15 05:00

プロポーズが失敗

今夜は月が綺麗である

空気もめっきりと冷たくなって
もう秋ではなく
冬の雰囲気を感じることができる

こうやって季節は
確実に変わっていく
誰が何処でどのように生きていようが
まったく関係なく
確実に変わっていくんだ

もし
オレが言葉を発することができない
もしくは
言葉自体が存在しない世界であったのならば
この感情はどのように
表現すればよかったのだろうか


つまり
人間っていうのは
言葉に頼りすぎている部分がある

ホンダのライフのCM

人間は笑う才能がある
的な旨のことをいっているが
確かにそれは素晴らしいこと

人間以外の動物も
鳴き声の発し方によって
感情を表してはいるのだろうけど
明確な発音の違いがあるのって人間ぐらいなんでしょ
人間は笑うこともできるし
言葉を発することもできる
それだけ
顔の筋肉が発達し
舌の造りも複雑になっている

だから
死ね
とか
殺す
とかの
汚い言葉を発せられるのも人間に許された特権なんだなぁ

その特権も
あんまり使うと価値がなくなっちゃうので
特に汚い言葉は使わないほうがいいのかもねぇ

特に日本は謙遜や遠慮の文化があるからねぇ
外国人とお話したときに
褒めるとちゃんと認めてお礼をいってくれるし
意味もなく貶すとものすごく怒る

言葉という武器で
自分という存在を主張するのは
人間だけなんだろうなぁ
[PR]

by lastest | 2008-11-13 03:37

キャンディースカイ

プラスの思考

マイナスの思考

そりゃあねぇ
活き活きと
ハッスルハッスルと
JAC(japan action club)のようにと

生きていければ一番いいでしょうよ
でも
喜怒哀楽って言葉も存在するように
喜んだり楽しかったりする時もあれば
怒りに震えたり哀しさに暮れる時もあるでしょう

それが正常な人間ってもんなんだねぇ

哀しいと涙が流れるでしょ
心に水をやってるってことらしいのよ
喜びや楽しみだけじゃ
心は潤わないから
たまに涙を流して
心を潤しているらしいのよねぇ

水分の少ないものって
少しの力でパキって割れちゃうじゃない
コンクリートとかウエハースとか

水分の多いものって
力を加えると
割れないで形を変えるじゃない
水枕とか水まんじゅうとか

無理して気を張って
元気でいる必要なんかないんだよねぇ
怒っているときはしっかりとストレス発散して
哀しいときは哀しいって感情を表に出す

そういう人間らしく生きていけることが
本当に充実してるってことなんじゃないかしら

ちょっと猫村さん風にやってみました
それにしてもJAC(japan action club)
のくだりいらなかったな
[PR]

by lastest | 2008-11-09 00:44

印刷機の憂鬱

生まれ変わっても
あなたと一緒になりたい

現世で出逢う動植物は
必ず前世のどこかで出逢っている
らしい

ということは
生まれ変われば一緒になる可能性は大いにある

初めて訪れる場所であるのに
どこになにが建っているのかを当てたり
初めて会う人間の
名前や出生を当てたり
所謂Deja Vuもそうなのでしょう

生まれ変わるのは
有機物だけなのでしょうか
無機物には生まれ変わることはなにのだろうか
炊飯器に生まれ変わったら
丁寧に扱ってくれる家族にはおいしいごはんを炊くし
ピアノに生まれ変われば
綺麗なおとをだしてあげるのにぃ



逃げても逃げても
追いかけてくる悲壮感

すべての風景は初めてのはずなのに
なぜか頭の片隅で心が躍っている
ふと語りかけてくるかすれた声
怖い
いったい己のなかでなにが起こっているのだろう
隅から隅まで記憶をたどってみるけれど
聴き覚えのない声だった

いつの時代にか
オレと一緒になったひとがいたのだろうか
そのひとの記憶がまだ残っているのだろうか

だとすれば
オレが現世でその糸を途絶えさせてしまってもいいのだろうか
運命の赤い糸なんて信じていないけど
もし
実在するのであれば
残念ながらここで糸は途切れてしまうのかもしれない
[PR]

by lastest | 2008-11-07 04:10

海賊チャンネル

自分が自分でないような
そんな感覚に陥っている

行動していても
何かを考えていても

なぜか
遠くから自分を見つめている
何か心配そうに
遠くから自分を見つめている

何もかもが
わけもわからないゲル状のものに飲み込まれていって
わけもわからないゲル状のものの一部になってしまっている

本を読めば文字が躍りだし
音楽を聴けば一つひとつの音が独立している

でも
こんな感覚ってキライじゃない
自分を客観的に見れている
錯覚だとしても
客観的に見ているという感覚がすき
自分に対して
無責任に発言ができるから
好き
[PR]

by lastest | 2008-11-06 03:36