<   2008年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

雪に降られたハーレーダビットソン


冬は記憶を蘇らせる季節だ

冷静と情熱のあいだrossoのワンフレーズ
物凄く素敵な響きのフレーズであるし
物凄く共感できるフレーズ

気温の低さというのは
思考を司る脳みその一部が
前進することをやめる季節

それゆえに
過去をことをしっかりと想い出して
記憶の整理を行う季節
クリスマスや年末の忙しい時期だからこそ
思考の大掃除も必要になってくるのだろう

捨てたい記憶
ここでは
忘れたい記憶ではなく
あえて”捨てたい”という言葉が適切であると想う

必要か不必要かでの迷いの末に
捨てることを選ぶ
そしてたまに想いだして
こんなこともあったな
あの人は今どうしてるだろうか

ふとしたきっかけによりたまに想いだしていくだけの存在になってゆく
ヒトにしろ
モノにしろ

思い出すキッカケは
おそらく外的な要因のみになっていくのだろう
記憶とは
形を有する有機物・無機物と違い
本人及び他人の
意識・無意識問わずの言動により
湾曲することが往々にしてある

己の大切な記憶を
自分や他人に変えられたくなければ
それを
誰の手も届かないところに置くこと
つまり
記憶を捨てるということも大切なのかもしれない

覚えていることだけが美徳ではない
忘れることの美学も
考えることが必要なんじゃないかな
[PR]

by lastest | 2008-12-30 03:35

ありがとー

このブログってやつは
便利なもので
去年とか一昨年とかに何かを画いていたのか
しっかりと記憶されておりました

しかし
一年前二年前というのは
今では考えられないほどのことを
考えていたり
しっかりと地に足をつけた思考を持っていたり

起きていても
夢を見るというか
過去に起きていたこと
未来におきていてほしいこと
の幻想をみることがある

強めのアルコールを大量に呑み
己の情けなさに気づきながら
そっと
心想いの人は
今何をしているのか
というのを考えてみる

オレは
孤独であることには間違いない

孤独が悪いことではない
[PR]

by lastest | 2008-12-26 00:29

そんな時期でもかんけぇねぇ

ついでに
クローズド・ノートの
映画も見ました
独りで、、、

なんか
書籍よりも
人間の感情がすごく協調されたような気がしました

オレの想像力が足りないのか
それとも
映画のメガホンをとった人が
すごく感情的に撮影を行ったのか

それは定かではありませんが
とりあえず
オレの感情がものすごく動かされた作品でありました

映画に感情移入するのは
たぶん
世界の中心で、愛をさけぶ
以来じゃないかなぁ


ミナミの帝王もあるわぁ

とりあえず
頑張っていこう

もう2008年も終焉に近づいてますよぉ
[PR]

by lastest | 2008-12-24 23:58

付箋専門店を開業

きっと

あのひとは

オレの人生のなかに

ずっと

生き続けていくのだろう


それは

良いことでも

悪いことでも

なく

それが一番

自然なかたちである



認めてしまっている自分がいる


認めたくないことを

認めるとき

そのたびに経験したことのない絶望が押し寄せるが

それでも

生きている

という

感覚が

とても心地いい
[PR]

by lastest | 2008-12-17 21:46

わんこそば大会の友人代表

クローズド・ノートを読んでいます

まだすべてよんでいないけれど
すごく主人公の心理描写が綺麗な小説だなぁ
と感じながら読んでいます

普段
人間が生活していて
いちいち自分の心情とか感情とかを意識することって少ないと思う

やった
とか
イライラする
とか
それ以外にも感情を表す言葉っていうのはいろいろな表現があるのに
そういう表現を使う機会ってあまり多くない
ましてや声帯を震わせることはほぼ皆無だ

だから
小説やエッセイのような
人間の感情が活字になっているのをみると
それだけで自分の感情が揺さぶられることがある

あぁ そうか
あの時の感情は
言葉にすると
こういう表現になるのかもしれない

とか

日常生活においてこんな表現のできる感情がわくことはあるのだろうか

とか

いろいろ考えてしまう


読書の秋は過ぎたけれど
暖房器具のない部屋で
温かい飲み物を飲みながらする読書の時間が
今のオレにとって失いたくないもののひとつだったりします

あんまり本読まないんだけどねぇ
[PR]

by lastest | 2008-12-10 22:46

とまらない夕暮れの震え

いわゆる青春時代には
ほとんど洋楽しかきかなくて
英語も理解できないのに
イタリア語やフランス語になると全く意味もわからないまま
ただ「音」として音楽を聴いていました

山下達郎の「さよなら夏の日」という楽曲に
とても感動している次第であります

メロディのよさは当然として
詩が見事に子供心をとらえているなぁ
素直にしっとりとできる楽曲であるなぁ
と感動しております

小・中・高

制服の人は多いと思います

片想いをしていると
夏の花火大会がすごくドキドキするイベントです
それは
好きなひとの私服がみれるからなんですねぇ

制服でもとても魅力的であるのに
私服となるの
そのひとの魅力的な部分がより一層引き立つわけですねぇ

おそらく年齢や学歴があがるにつれて
そのような感情って薄れてくるのかなぁ
と予想しております
そうならないことを祈りながら

そんな情景を「さよなら夏の日」から勝手に想像してしまいました
こんな感情があるときに
日本語は美しい
という事実に気づいていれば
きっと現在のオレの脳みそは変わっていたことでしょう

もっと綺麗な言葉を使いたい
もっと綺麗な日本語に溺れたい
[PR]

by lastest | 2008-12-05 23:33

結末の隠蔽

誰かの特別になりたい
という感情は
誰もが描くものだとおもう

恋心を抱くひとであったり
憬れのアイドルであったり

特に異性に対して抱く感情ではないでしょうか

好きなひと
ってすごく素敵な響きだと想うけど
特別なひと
っていう響きはオレはあまり好ましいと想わない

人生って人それぞれのものであるし
そのひとがしっかりと歩んでいくものだと想う
誰かの特別になってしまえば
そのひとの人生に立ち入ってしまうことになる
そのひとの人生の一部になってしまう

オレは他人の人生に責任なんてもてない
好きなひとでも特別にはなりたくはない
そのひとは
そのひとの
人生を歩んでいってほしい

そう心から願えることが
恋愛であるんだと
臆病なオレは
どうしても考えてしまう

なんか矛盾してるねぇ
[PR]

by lastest | 2008-12-03 21:32

力の限り、、、。

あのひとの気持ちなんて
オレは
あのひとじゃないんだから
わかるわけないじゃんか

なぜ
泣いてるの
なぜ
哀しみをなでおろすの

大人しくしてれば
世の中からはじきだされずに済むのに
そうやって
いつまで
自分のことばかり考えていきてゆくの

人生には
一芝居打たなければいけないときもあるし
己の意見を完全に曲げなくてはならないときもある

だからこそ
普段の行いが大切になってくるんじゃない
このひと
ここではこんなこといってるけど
本当はこんな考えなんだ
とか
このひとは
ほんとうに回りのことを考えているなぁ
とか
想われることによって
信頼関係っていうまれていくんでしょ

過去を背負ってる人間なんて
あなただけではないの
オレに押し付けないでくれ
それに耐えられるだけの
キャパシティをオレは持ち合わせていないのだから
[PR]

by lastest | 2008-12-01 23:14