<   2009年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

デミグラスソースの追憶

時間は戻すことはできない
ましてや
後悔してることをやり直すことなんてできない

そういった意味では
本来一瞬一瞬を緊張しながら生きていくべき
まぁ
そんなことしてたら寿命が縮まっちゃうなぁ

だったら
如何に後悔しないように生きるか
もしくは
後悔を受け入れるか
の選択肢を強いられることになる

オレはどちらかというと
後者を選択することが多い
というか
選択せざるをえない状況に立たされる

あの時こうしてれば
あの時こう云えば
とか
いろいろ想うところはあるが
今こうしてるから未来を見よう

考えるクセをつけている

人間の言動というのは自分自身だけじゃなくて
人間関係や気象に影響されてる
たぶん7割くらいは
そんななかで
単純に考えても7割は完全に自分の思い通りにはいかない
同じ感情を持つ生き物どうしであれば
その傾向は顕著にあらわれてくる

感情のぶつかり合いが人間関係の醍醐味ではあるけれども
ごく稀にものすごく億劫に感じることがある

特に
別れ
というのは恋愛に限らず
心に不思議な億劫感を生み出す現象

感情に起因する別れと
感情に起因しない別れがあって
感情に起因する別れのほうが
オレは好き

なぜかというと
その別れは必ず次のステップになって
そこから何かが生まれてくれるから
自分の感情が揺れ動くということは
自分の中で何かが
生まれたか
亡くなったか
どちらかが起こった証拠
それは小さな幸せであったり
それはこのブログのワンフレーズであったり
それは新たな出逢いであったり
その可能性は無限だ

何かが生まれるために
何かが犠牲になることは否めないけれど

はなしがものすごく飛躍したけど
受け入れた後悔が
新たな後悔を生み出すこともあれば
新たな可能性を生み出すこともある
選ぶ権利はないけれど
静かに見守ってやるのも
趣のある人生の過ごし方なんだろうなぁ
[PR]

by lastest | 2009-01-30 23:18

ウイスキービール割ウォッカ乗せ

幸も不幸もすべては自分次第だ
そいつの生き方なんて他人に影響されるほど大きいものではない
すなわち
自分の力によって
自分の人生はどうにでも変えることができる

つまり
自分の人生を変えることもできないような人間には
幸福になる権利はないということだと考える

オレは
特に酔っぱらうと
自己壊滅的な思考に陥るようで
自分の人生を破滅に追い込むような傾向がある

オレは少なくとも自分の思考は持ち合わせていると想う
そういった意味では
この自己壊滅的な思考は
生まれる前から根本的な部分は変わっていないのではないだろうか

変わることの大切さ
変わらないことの大切さ
どっちもとても重要なことであると想う

変わることによって
科学や哲学や人類の進化があったのだろうし
変わらないことは
己の信念を突き通すことだ
それによって後世に受けつがれる作品が生まれるのだ

中庸って言葉があるけれども
とても大切なことであって
中途半端じゃなくて
バランスをとるって意味なんだろうなぁ

オレはバランスをとることができない
一辺倒な性格はいつまでたってもいくつになっても
治らないみたいだ。。

オレらしさってなんだろう
少なくとも
今カレーが食べたくなっているのは
オレらしさなのではないだろうか。。
[PR]

by lastest | 2009-01-27 01:04

愛することで自己をすり減らしてゆく

もう涙さえ流れてこない

訥々と語りだす昔話のような
懐かしさと誇らしさが混在するかのような
ずっと胸にしまっておきたい記憶

涙が流れないというのであれば
それはそれで
理解が深まったということで
認めざるを得ない

しかし
その感情というのは
誰しもが経験していくことであるので
自分だけが特別
と誤解しうる可能性がなくもない

カーテンを閉め切って
ひっそりと亡き人の哲学や倫理を想う
まるで
その行為が人生の堕落を意味するかのような
すごい自己嫌悪に襲われる瞬間

文字や絵や音で表せないことが
だらしなく水瓶から溢れ出してくる
注ぐ作業ばかりで抜く作業を行わなければ
溢れ出すのは当たり前ではあるが
その作業方法を知らず
ましてやその作業自体を知らないのであれば
どうすればフラストレーションが発散されるであろうか

涙も流れないうえに
表現することができなければ
もう
どうすることもできないよ。。
[PR]

by lastest | 2009-01-25 23:30

今、グラビアアイドルって何人いるの?

ニュースで
女子中学生が昨年自殺して
それがネットいじめによるものでした
という報道をやっていた

日本は毎年3万人の自殺者がおりますが
年齢比率とかはしらんが
若年層の自殺者も増えてるんでしょうね
全体数が増えているのですから

昨年9月からの全世界的な経済恐慌により
派遣切りや内定取り消しなんてものがあふれていて
労働生産人口の方々たちは
特に生活のしづらい世の中になっちょりますねぇ

そのような人たちのごく一部の人は
いまだに
自分より年下の人間に対して
「近頃の若いモンは、、」
とか
「そんな悩みは悩みのうちに入らん」
とか
精神論を語る人々がたまにいらっしゃいます


生物は生まれた瞬間から自分の意思を持って命を削っているわけです
生後数ヶ月の赤ちゃんだって
空腹になれば声をあげてなくし
猫だって海老が食べたければしつこいくらいに鳴く

つまり小学生や中学生ましてや幼稚園児にも
やり直したい過去や信じるべき希望をたくさん所有しているのではないのか
もしくは
所有する権利があるのではないだろうか


ましてや思春期といわれる多感な時期に
インターネットという不特定多数が共有できる媒体で
自分の誹謗中傷を目にすれば
どれだけ不安になるのか、と

おそろいの過去や未来はない
全く同じ人生経歴を持つのであれば
どちらかはいらないということになる
その事実が存在するならばクローン技術を倫理で語る人は皆無でしょう

確かに自分より年上の人々が経験してきた真実は
とても貴重なもので
それは何ものにも代えがたいことであります
でも
もしかしたら
違う未来が待っているかもしれない
同じ事実であったとしても
自分で経験して納得し、自分の血肉にしたい
もしかしたら
同じ過去でも
そこから感じることはそのひとの感性によって違うだろうし
同じ感じ方でも
人から聞かされることと自分で経験することでは違ってくる

何でもかんでも経験したり悩めばいいってことではないけれど
激励の意味も込めないで
一方的に価値観を押し付けるのはほどほどにしたほうがいいのではないか

ふと
感じました
[PR]

by lastest | 2009-01-20 00:57

lkjhgfdさくぇrちゅいおlkmんbvcxsざdfghjkl

何度も同じ過ちを繰り返すのは
オレ
もしくは
オレ以外が
ずっと捨て切れない夢を持っているから

それはよてもステキなこと
それはとても大切なこと

別に
かなうかなわないは
別にして
それを持ち続ける
というのは
有意義かどうかは別にして
大切なことだとは想うんだよなぁ

いろいろな意味で夢ってたくさんある
フェラーリを買いたい
バンドで成功したい
あの娘と付き合いたい
様々な夢が
思考錯誤して
世の中は成り立ってる
かなうゆめ
かなわぬゆめ
二者択一のように見えても
実は様々な事象を含む夢という漢字

夢って
すごくすてきなことばではあるけれども
すごくざんこくなことばでもあるわけで
ほんにんのじかくせいがなければ
とても夢なんておえないわけで

でも
やっぱり
じぶんのやりたこととか
じぶんのむいているみちとか
そううのをしんじたくて
それがじょじょにゆめにかわっていくのでしょう

あぁ
魂が すれる瞬間というのは
とてもすてきな時間
[PR]

by lastest | 2009-01-18 02:10

雪は交差点を白く照らす

もう
何度も同じようなことを繰り返しているような気がする

いったい
何度同じ過ちを繰り返せば
オレは気がすむのだろう

いや
もしかしたら
オレが生きている限り
この事象は続くのかもしれない


そうか
オレ自身がこれを求めているのか

じゃあ
仕方がないのかもしれない

それでも
命がけで挑みたいことがある

というか
命がけで挑まなければならないのかもしれない


人生なんてたった一度きり
経験したいことがたくさんあって
それを息絶えるまでの時間で補えないのであれば
頭の中で早送り再生するしか手段がないのではないかしら

きっと
表舞台というやつは限られた一部の人にしか設けられてなくて
でも
それを支える裏方であったり
それを観る観客であったり
様々な役割があって
ひとつの素晴らしい物語は出来上がっていくのであろう

どの役割がどれだけ重要かではなくて
どの役割にどれだけ向いているか
どの役割をどれだけ適切に演じることができるか

「向いている」と「演じる」って
生きていくうえでものすごく大切なこと
これをしっかりと理解している人が広い意味で幸せな死に方をするのだろうなぁ
[PR]

by lastest | 2009-01-13 23:57

出川のちょっとヒヒ話し

オレは理解されるまでに時間のかかる人間
らしい

たしかに
いままで出逢った来た人々には
そう思われていたみたいだし
現在進行形でそう思っている人もいるだろう

そもそも自分を含めた個人を理解することは
そう容易なことではないと想う

自分のことを全て理解していたら
そもそも悩むことを知らない人間になるし
他人のことを全て理解していたら
喧嘩や戦争なんてことは皆無になるだろう

理解
を深めることは所謂成長というやつで
それがなかったら科学や思想の発展はありえなかったのだろう

自分のことを全て理解しきった人間は
たぶんその瞬間死にたくなる
その感覚が気持ちいい
というのもわからなくはないけれど、ね

新しいことを発見する度に
それは未知になり得るわけで
つまりそれは理解していない世界があるということだ

知らないほうがいいこともある
けれど
少なくとも自分を含めた世界に必要なことぐらいは
精一杯理解を深めたい

考えるのが知能ってやつなんじゃないのかなぁ

少なくとも
冒頭の言葉をオレに放った人は
オレは理解されるまでに時間のかかる人間
ということを理解していて
オレは理解されるまでに時間のかかる人間
ということを理解していない人よりは
オレのことを理解してくれているのかなぁ
と考えております

こういうことを面と向かって言ってくれる人は
オレが生きていく為にとても大切な人だと想う

どうもありがとうございます
[PR]

by lastest | 2009-01-07 00:13

今年も様々な気象情勢をお送りしてゆきます

雪がちらちらと降り積もる季節になると
日本というのは
途端に忙しい国になる

クリスマスや正月やバレンタインなど

アメリカなどは
9月から新年度が始まるらしいねやんかぁ
日本は四月からでしょー
桜が咲き乱れるのも
四月つまり春やんねぇ

アメリカの政治制度を否定するわけではないんやけれども
やっぱり生物は
春に始まるようにできてるんやねぇ

冬は基本的に寒い
たぶん南半球は違うけど
日本は基本的に寒い
雪も積もる
雪合戦やスノーボードに凝るひともいるけれど
オレは基本的に様々なお茶とアロマキャンドルと読書だ
たまにかまくら作ったりするけどねぇ

つまり
蛹期間にはいるわけで
ずっと動かないで
春の訪れを待ってる

日本人は
冬に様々な力を温存する人種なのだ

オレは想う

やっぱり
春に旅立つのだから
冬にいろいろな準備は必要なわけであって
その分
逆に冬が忙しくなる国なのかもしれない

あと
数ヶ月すれば素敵な季節がまってる
あと
数ヶ月すれば旅立てる季節がまってる

だから
冬の間は頑張ってみませんか
冬の時代と言われても
その時代を乗り切ってみませんか
[PR]

by lastest | 2009-01-04 02:03

今年も様々な気象情勢をお送りしてゆきます

雪がちらちらと降り積もる季節になると
日本というのは
途端に忙しい国になる

クリスマスや正月やバレンタインなど

アメリカなどは
9月から新年度が始まるらしいねやんかぁ
日本は四月からでしょー
桜が咲き乱れるのも
四月つまり春やんねぇ

アメリカの政治制度を否定するわけではないんやけれども
やっぱり生物は
春に始まるようにできてるんやねぇ

冬は基本的に寒い
たぶん南半球は違うけど
日本は基本的に寒い
雪も積もる
雪合戦やスノーボードに凝るひともいるけれど
オレは基本的に様々なお茶とアロマキャンドルと読書だ
たまにかまくら作ったりするけどねぇ

つまり
蛹期間にはいるわけで
ずっと動かないで
春の訪れを待ってる

日本人は
冬に様々な力を温存する人種なのだ

オレは想う

やっぱり
春に旅立つのだから
冬にいろいろな準備は必要なわけであって
その分
逆に冬が忙しくなる国なのかもしれない

あと
数ヶ月すれば素敵な季節がまってる
あと
数ヶ月すれば旅立てる季節がまってる

だから
冬の間は頑張ってみませんか
冬の時代と言われても
その時代を乗り切ってみませんか
[PR]

by lastest | 2009-01-04 01:49