<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

バンコクで記憶喪失

ひっさびさにカラオケに行きました
ミッドナイトにラーメンを食べたあと
勢いで二時間
そのあとに呑み始めました
映画を観ながら
一時間で寝てしまいました

世紀末の詩で言ってた
男が泣いていいのは3度まで
生まれた時と
初めの親が死んだ時と
愛するひとを失った時
らしい


土台無理な話で
むしろここ数年泣くことを奨励する文化がある
泣くことは
乾いた魂に潤いを与える
と前に書いた

なぜ魂が乾くのか
なぜ乾いた魂を潤さなければならないのか

今フジテレビで
非モテ
という特集をやっているけど
そのひとたち曰く
恋愛で自分の感情を揺さぶられるのが嫌
らしい
オレがこの状態になったら
おそらく魂が乾いている状況だ


非モテというのは
恋愛に第一考えておらず
恋人がいらない
とか
恋人を作らない
という人たちを指すらしい

草食系と同じですかなぁ
ちょっと違うなぁ

確かに
恋愛が第一ではないしそれ以外に満足を得れるものはたくさんある
仕事であれ趣味であれ
ましてや今の社会では人がいきてゆく術も多様化してる
でも
オレとかオレの親とかその親とかを生んだ人間は
仕事をしながら趣味をしながら恋愛をして
新しい生命を誕生させている
そういった意味ではものすごく器用なんだよねぇ

オレも音楽だったり車だったりスケボーだったり酒だったり
趣味は800個くらいあるけれども
それと並行して恋愛はいつでもしてる
っていうか恋愛も趣味だ

魂を潤すという目的のための手段は
いい行動も悪い行動も
いい感情も悪い感情も
どっちでも
魂が揺さぶられることによって
もともと魂に含まれる水分が全身に行き渡る
半分のこったペットボトルを振るイメージでね

人を好きになって告白をして失恋をする
得てして初こいはかなわぬものだ
小学校や中学校で初恋を経験して
失恋の痛みを知る
たくさん涙を流して自分の中でたくさんいろんなことを考えて
結局は時が癒してくれる

そんなあま~い想い出を
成人してから
あんなときもあったな
とか
あのひとは元気だろうか
とか
想いだすのがとても楽しいのだろうなぁ

結局
恋愛を通じて得るものがものすごく大きい
仕事や趣味の比ではないくらい大きいと想う
自分が成長するのには恋愛はものすごく効率がいいのだ

とてもいい恋愛をしたいねぇ
[PR]

by lastest | 2009-11-29 23:37

詳しいということが逆に怪しい

人間には約60兆個の細胞があるらしいけど
それらはすべて2,3か月で入れ替わるらしい

つまり夏のオレと現在のオレとは細胞レベルでは違う
ということだ

なのに思考は何も変わらない

思考が変わらないから
新しいことを綴ることができない

約5年このブログをやっているが
5年間ずっと同じことを綴っている

あぁ
なんておバカな人間なんだろう
[PR]

by lastest | 2009-11-24 23:33

とりあえず京都にいってきます

自分の人生の中に
恐ろしく目まぐるしい時間がある

生みの親の人生が交わって
オレが生まれて
オレは誰と人生を交わ合わせるのだろうか

目まぐるしく過ぎてゆく時間のなかで
どうしてもゆっくりしたいときや
慎重に過ごしたい瞬間がある

それが許されるはずもなく
あぁ
あと数分あれば
あと数秒あれば
こんな結果になることはなかっただろうに

後悔することがある

たくさんの人間にとても失礼なことではあるが
あの時
オレの生みの親が出逢わなければ
オレというう生命は存在しなかったのだろう
全く同じ人間としては

人生ですれ違うだけの人間もふくめれば
何千万人何億人の人間と
瞬間だけでも人生を共有する
その中で10分の1や100分の1の人間が
深くかかわる人間になってゆく

その中で親友と呼べる人間だったり
恋人よ呼べる人間だったり
配偶者と呼べる人間だったり
子供と呼べる人間だったり

自分の人生に傷をつける人間が現れる
なぜだろう
そんな風にしか想えないオレは
とても人づきあいが苦手なのだろうか

なぜか
特に最近自分を含めた人間を
とても煩わしくとても愛おしく
狂おしいほどに求めてしまうときがある



ウチの猫はひょう柄の布団で寝る三毛猫である
擬態とはこのことだ
ネコの鳴き声を流したら
ビクっとなって少し大袈裟に毛舐めずり
なんか猫の生きる姿勢は感応的だ
[PR]

by lastest | 2009-11-24 00:44

10年前のデジカメのデータ

やっぱり傷ついてない

傷ついてないと傷つきたくなる
傷ついていない時間が一分一秒と過ぎてゆくたびに
傷つきたくなる

街中を歩いて
誰かに刺されないかな
橋を歩いている時
崖に足を滑らせないかな

結構そんなことを考えることが多くなって
自分の生命を否定している

前まで
自分の生命を歓んでくれる人がいることを
とても歓迎していたのに
今はそれを受け入れるだけの
自分の余裕がなくて
どうしていいかわからなくなってる

何かがあったわけではないのに
いや
何かがあったわけではないから
逆に自分の心が満たされないのだろう

あぁ
ネコはなにもしらないふりしてお腹を上下させて
たまにチラっとオレを見る
デブネコです
[PR]

by lastest | 2009-11-19 22:09

安全第一のマッサージチェアー

間宮兄弟を観ていたら
ビデオショップの店員に恋をしたくなったので
近所のビデオショップめぐりをしました

ビデオショップはビデオを選ぶ場所とばかり想っていのだけれども
結構店員さんの間にもヒューマニズムが溢れてますなぁ

店員同士の会話とか
ビデオの並べ方とか
レジでの立ち方とか
第一声の発声とか
様々な見方で
そのひとの人生の少しを見ることができますねぇ

会話で学生のアルバイトなのか正社員なのか
年齢はいくつぐらいなのかが大体想像できるし
経ち方で中学校の時にまじめに朝礼を聴いていたタイプがどうかがわかる

いろんなひとの人生があって
いろんなひとの未来がある
それぞれの幸せがあって
それぞれの悩みがある

やっぱりヒューマニズムって楽しいなぁ


しゃべくり007で広末涼子がゲスト出演していたけれど
笑う時に片目だけ閉じて笑うあの感じとか
頷くときに眉が上がる感じとか
なぜ異性も同性も人間をほわっとさせる雰囲気を
あのひとはもちあわせているのだろう
少し嫉妬してしまいました

ふたつ年上の女性に
そんな表情をするひとがいましたが
やっぱり
まわりの雰囲気をほわっとさせて
黄緑が漂うような空気になる
そのひとはとてもキレイな
いやかわいいひとで
顔のつくりがいいというか
自分がひとをしあわせにするということを
ちゃんと認識していて
それを惜しみなくさらけ出している
という女性でした

そういうひとって
やっぱり
一緒にいて
とても気持ちがなごむし
ときどき
とても寂しくなる

いろんな感情をあたえてくれるひと

とてもだいすき
[PR]

by lastest | 2009-11-09 23:01

今日は特にヒドい

今日は
直江兼次?漢字あってる
で有名な土地を訪ねてきてましてん

上杉鷹山の名言と
実は伊達政宗もここの生まれだったんですってねぇ
知らなかったわぁ

少し街を散策するつもりが
時間切れでコロッケとメンチカツを食べて終了になりました
まぁ、おいしかったけど
街並みを少しみたかったねぇ


大河ドラマは
どの作品も一回も見たことないけど
やはりテレビ効果は大きくて観光バスがたくさんでした

これからは
お酒ではなく旅にお金を使おうかなぁ


あと間宮兄弟を観たの
これはまたいずれ
いずれと書いて
そのいずれが訪れたことはない、、、
[PR]

by lastest | 2009-11-08 22:57

団子の値段は戦後まもなく

今日 
ベンチで本を読んでいたら
おばあちゃんがキャラメルをくれた

コーンキャラメルという珍しいキャラメルらしい
5粒ももらった

突然の出来事ではあったが
とまどいも少なく
少しお話をした

九十歳間近というそのおばあちゃんは
耳を遠くなくしゃべり言葉もしっかりしていて
とても健康なおばあちゃんだった

戦争の話や
世の中の話
思想の話や
両親の話
色々な話をしてくれた

瀬戸内寂聴の本を購入するために出かけたらしく
ついでにキャラメルは購入したらしい
キャラメルはとても香ばしい香りと
すこしやわらかい歯ごたえが
とても気分をスッキリさせてくれた

お話が終わると
九十歳のおばあちゃんは
杖をつくこともなく
テクテクと音が聞こえてきそうな足取りで
階段をおりていった

おばあちゃん
ステキなお話とキャラメルをありがとう
ステキな時間をどうもありがとう
[PR]

by lastest | 2009-11-06 23:19

コラーゲンで闇鍋

読みたい本はたくさんあるのに
読む気になれぬ

なぜだろうか
書店に足を運んだり
アマゾン流してみたり
していると
タイトルであったり
カバーであったり
そそられる本は結構ある

買うときもあるし買わないときもある
買った本でも読む気になれない
特に最近

なぜだろうか





にゃんちが
最近夜遊びをする
彼氏でも出来たのかしら
[PR]

by lastest | 2009-11-04 21:56

置き去りにされたカミソリ

東野圭吾の秘密を観た

何年か前に
10年前か1年前かは忘れたけれども
少なくとも12か月は経ってる気がする
観て
すごく複雑な気持ちになった記憶が残っていたので
今見たら
もしかしたら
気持ちに整理がつくかもしれないと想って
改めて観てみた

人間の感情描写がとても印象的な映像で
原作は読んではいないのだけれども
この作品は原作を読まないほうがいいのかなぁ
と感じた

肯定的な二重人格の物語で
オレとしてはとても戸惑うところがとても多かったけれど
それぞれの役者の演技と
それぞれの場面で流れるミュージックが
とてもよくて
確かに脳死と心停止のどちらを人間の死と考えるか
これはとても重要な問題であると感じた

たぶんいつかのブログに
オレの生命を喜んでくれたひとがいた

打った
気がする

それはとてもうれしいことで
オレは生きていていいのだと
そのひとに気づかされた

自分でそれを構築できないのはなぜだろう
自分で生命のコンセプトを持つことができずに
すっかり義務を果たそうとしている自分がいる

たまにでてくる
オレを傷つけるオレの一部が
オレの中のオレをどうしようもないオレに陥れてゆく

消えてしまいそうな朝日の中で
またじぶんへの後悔繰り返してゆく

あぁ
たぶん次の目覚めも
とても清々しく
とても混乱した
いつもの目覚めになるのであろう

オレはいつも逃げるように眠りにつくのです
[PR]

by lastest | 2009-11-03 01:39

自殺願望の脳内旅行

またやってしまった
呑みすぎですよ。。。

焼き肉いってビール4杯と焼酎ロック3杯と
二軒目が問題で
バーボンのロックを4杯一気してもうた

3回吐いた
今日起きてから
何人の人に謝罪の電話をしただろうか

いい加減大人にならないと
そろそろまずいですねぇ
久々に今日は死にたくなりました

基本的に酒を呑むと死にたくなるのだけれども
昨日と今日は特にその気持ちが強かった

酒を呑まない
というのが一番の解決策なのだけれども
付き合いもあって
そういうわけにもいかず
行けばスイッチがはずれたように
呑みすぎてしまいます

今日生きてることが恥ずかしい
この世から消えてしまえばいい

今日は素直に想いました

だれか助けてほしい
[PR]

by lastest | 2009-11-01 21:46