<   2010年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

それに比べたらオレなんて

今日はめちゃくちゃパウダースノーのところに行ってきた

よくDVDなんかで観るような急斜面
たぶんキツイところだと50°くらいあったんじゃないかって
くらいだったけど
パウダーだったので転んでもあんまり痛くないし
調子にのって滑ってたら
コースを外れて二時間ほど遭難してしまった
そして首の筋を少しやった
あぁ
痛い痛い

歩くたびに腰まで埋まるし
雪崩の恐怖には脅えるし
吹雪いてくるし
本当に生き埋めになるかと想った

手袋も完璧にダメになってしまった
指が出てくる
めちゃくちゃ冷たい
というか痛い

なので
買います
財布も買ったけど
グローブも買います

財布はヴィヴィアン・ウエストウッドのやつを買いました
黒で中が金色のやつ
金色はお金が入るらしいという情報を仕入れたから

今年もあと一日で終わりですねぇ
歳をとるごとにやっぱり時間の流れが早くなっています

元旦も六日もボードに行く予定です
怪我だけはしないように気をつけます

死刑論についてはもっと文献を読み漁ります
[PR]

by lastest | 2010-12-30 23:01

これからM-1観る

死刑論について書いてたら
また全て消えた

メモ帳に書いてコピペすればよかった

気が向いたらまた書きます
[PR]

by lastest | 2010-12-30 00:39

人間は全てを知ると飽きる

反省することは自己がないこと

極端すぎる自己肯定

理不尽な社会的矯正
の間で人間は苦しむ

他人は無視できない
他人によって自分は何者か
というのを維持できる
と前にこのブログに書いた

自分から見れば自分もいち他人
そういう表現も出来る
ココロとカラダは全く別次元で存在している

幼いこととかありませんでしたか
なんか奇妙な感じ
生みの親に対してすら奇妙な違和感を覚える
もしかしたら
自分以外は人間ではなくて
周りの全ての生物は自分をだましているのかもしれない
本当の親はどこかに収監されていて
どこか果てない宇宙にいるのかもしれない

話が逸れた

反省するということは自分を否定していること
自分は間違っていないというのならば
決して反省はしないのだろう

反省することと自己を持つことは全く違う話のように想える
反省しながら自己を改善していくことが自己だ
といわれたらオレはそれで納得してしまうのだろう
しなうのだろうというか
そもそもその考えに反対の立場ではない

他人から指摘されなければ反省できないのが人間
自分で気がついてそれで反省している
これはむしろ反省ではない
自己欺瞞
そして単なる自己否定だ
反省というのはそこに自分以外の考えが入って初めて反省になる
とオレは考えている

もちろん反省することはとてもいいことなのだと想う
それだけ周辺環境に適応していくということだから
基本的に周りに合わせる人間としてはいいこと


眠い
寝る
[PR]

by lastest | 2010-12-29 00:22

真っ赤に染まる手首

つまりは独占欲の問題なんだろうなぁ

付き合ってる女性を自分以外の人間
特に男に殺された時
どういう感情を抱くのが通常で正常なのだろうか

哀しい
悲しい
憎い
犯人が
何の
現在はどういう状況なのか

とりあえずいい感情ではない
これは間違いなさそうだ

相手を想えば想うほど
自分だけのものにしたい
オレはそもそもものという表現が好きではないが
モノとものを区別して考える
ということで妥協しよう
と想うのだろう

自分と逢っていない時間はなにをしているのか
どんな人と話をしているのか
どんなことを考えているのか
相手を想えば想うほど
好きになればなるほど
独占欲と倫理的観念の間で苦しむことになる

それが究極のところにいきつくと
相手を殺したい
という欲求になってくるんじゃないのかなぁ
そんな題材の連続ドラマが一昔前は多かった

自分以外の人間に愛する人間を殺されたとき
その罪を被りたい
その罪を被らなくてはいけない
そういう感情が一例としてある

犯人を庇っているのではなく
他人に自分の愛する人間を殺された
という事実を受け入れることが出来ないのだ

光市の母子殺害事件は
死刑判決にならなかったから出所したら
犯人を殺す
と被害者遺族は言っていた
これもひとつの形なのだろう
それをオレは肯定も否定も出来ない
そこに正義があるのかすらわからない
オレ中卒だし

愛する人は自分に殺されなければならない
もちろん
一緒を添い遂げることが出来るのであればそれが一番いいかたち
そういう感情を抱く人々はこういう考えを持っている
これはある種脅迫に近い
男から女へのプレゼントが脅迫に近いのと似ている

愛する人の一番大切な部分
愛する人が愛する人である所以の部分
それが命
それを自分以外の人間によって奪われる
これは最上級の侮辱だ
おそらくどんな法律も適用できないくらい重い侮辱罪にあたる

人の命が奪われるだけでも悲しいことなのに
それが愛する人であったならば
どんな状況になるのか想像に難くない

それなら自分の手で奪っておけばよかったと
おそらく
後悔するときが必ずくるのだろう
[PR]

by lastest | 2010-12-27 23:29

お会計だよー

今日は初すべり
スノーボードの

キッカーもボックスも一通りはやってきて
パウダーだったので
ものすごく愉しく滑れた
ただ
メガネがこわれて
天野くんみたいな感じになちゃったから
ゴーグルを買います
手袋も水が浸透してきてるので
中古で買います


一緒にいった人によると
オレは人より少しだけ体力があるらしい
筋肉痛も全くこない
運動神経もいいらしい

その人は
オレに運動神経がいいねぇ
と言ってるのではない
オレと比べて
その人は運動神経が良くない
と言っているのだ

どこに重心を置くか
どういう視点で物事をみるのか
それによって人生を美しくもできるしけがらわしくも出来る

売春婦を嫁に持った男が
その嫁を殺されたときに
罪を被る理由
について明日は書きます

今日はかんじたことがたくさんあったのだけれど
疲れたので寝ます
[PR]

by lastest | 2010-12-27 00:37

防水施設完備恋愛(涙対応)

周りを見渡せば
いかに自分が人工物に囲まれているかわかる

衣服だって染めた頭髪だってもちろんパソコンだって
全て人工物だ

人工物とは人間によってデザインされたもの
そのモノ自体のデザインではなくて
人間の生活強いては人生をデザインされたモノ
つまり人間の人生は人工物ということもできる

ニャンコが炬燵から出てきた
勢いよく

そしてドアを開けっ放しにして
お風呂に水を呑みに行った
寒い

自分で生活をコントロールするために人工物を創る
羽がないから飛行機を創る
鰓がないからスキューバーを創る
知を求め書物が創られる
それは創られた人生だ

原始人だって寒けりゃ草を布団にしただろうし
マンモスだって群れで温めあう
その場合
草は人工物になるだろうけど
群れは人工物にはならないと想う

人間だけが自分の人生をコントロールすることを覚え
それに犠牲になってる種もあるだろう
ただ地球温暖化に二酸化炭素は関係ないんじゃないかと想ってる

自分のイメージも創ることが出来るんじゃないだろうか
あいつはああいうやつだ
こういうやつなんだよねぇ
他人のイメージは自分の振る舞いである程度創ることが出来る

自分への自分のイメージはどうだろう
オレってこういうやつだよなぁ
自己暗示をかけることによって
自分の性格までも変えることが出来る
と想う

そういう本がたくさんあるし
ビジネス書とかもしドラもすごく売れて映画にまでなるけど
エンターテインメントを出ることは決してない
それをビジネスに応用することはものすごく難解で
ビジネス書をビジネスに応用できる人間は
そういう本を必要としない
応用できるセンスがあるならビジネス書がなくても出来る
最近そう想う
ブルータスにも書いてあった
ってかブルータスみてそう想った

好きな人に振り向いてほしくて自分を演出するのはいいけど
ウソをつくことは破綻をまねく

天皇誕生日とクリスマスイブイブに乾杯
[PR]

by lastest | 2010-12-23 23:12

粉雪といえばキュリオ

付加価値
それが現代消費社会において一番重視されている
ことのような感じがする
昨日観た宮根さんと滝川さんと西山さんが出てるニュースで報道されていた

都会では自殺する若者が増えている
今朝みた新聞に書いてあった
だけども問題は今日の雨
傘がない

ファッション雑誌には必ずといっていいほど付録がつく
宝島のブランドムックなんてのがそうであって
雑誌
つまり情報伝達を目的としてそれを購入するのではなくて
付録という付加価値を求めて購入する
ってか付録がメインみたいなところあるけどねぇ
バックでは収まらず美顔器までついてるからねぇ
販売戦略としては成功なんだろうけど
そのうち哲学書にも付録がつきそうな勢いだなぁ
ニーチェのフィギュアとか
カントの手形とか

人って
そういう付加価値にお金を払う場合って結構多い
プリクラとかもそうだと想う
あれはあの写真シールにお金を払っているのではなくて
その日恋人と映画に行った
とか
初めて逢った記念
とか
そういう区切りに対してお金を払っているのではないだろうか

だから結局モノの適正値段って結構曖昧
この人はこれにはいくら払えるけど
あの人はこれにはいくらしか払えない
なんてことはたくさんある
だから
明らかに安い商品でも買わない人がいるし
ものすごく高い商品でも購入する人がいる
結局は個人としての人間が各々値段を決めているに過ぎない

人間もそう
値段という云い方は少し乱暴かもしれないけど
ルックスがいい
背が高い
だけではなくて
付加価値プラスアルファが求められる

ジャニーズがコントをやるのは当然になってきたし
ルックスがいいお笑い芸人もたくさん出てきた

適材適所とはどういう意味だっけかなぁ

風俗産業なんてのはまさに付加価値
孤独を紛らわせるためであれば
そこにルックスは関係はない
テクニックが求められる世界だろうから
これからクリスマスに向けて忙しくなるのでしょうなぁ
キャバクラとかデリヘルも
でもルックスを求めちゃうのは
やっぱり可愛くないよりは好みの人と接した方が
孤独もまぎれやすいということなんだろうなぁ
オレ行ったことねぇからわからないけども
行ってみたい

とりあえず23日にボード行くことにしたので
それまでに体調を整えて
仏滅なので怪我には気をつけようと想います
行ってきます

天麩羅蕎麦が食べたい
[PR]

by lastest | 2010-12-21 01:07

鈴木あみの曲かっこいい

昨日行った吞み会のビンゴで
iPodが当った

吞み会自体は終了間際に行ったから
ほぼ不参加に等しいけど

もらったビンゴの用紙が
残りひとつまで完成してて
行った瞬間ビンゴですよ

shuffleだがら容量はそんなに大きくないけど
ほしいほしいと言ってたiPodを頂けたので
よかったです

前にやったビンゴではニンテンドーDS当てたし
オレビンゴ強いなぁ

新幹線や高速バスで時間をもてあますこともないでしょう
独りで行くスノボーの回数も増えそうです

エンジョイライフ
ありがとう
[PR]

by lastest | 2010-12-19 17:48

鮭の水煮がおいしい

伝えたいこと

それは
言葉表情仕草云い方状況社会情勢
色々なことが折り重なって
相手に伝わる

だから
自分の真意とは違った意味で伝わってしまうことがある
というかそっちのほうが多い

そんな意味じゃないのに
そんなニュアンスじゃないのに

そう感じることがたくさんある

特にメールはそうだ
絵文字デコメールを加えればそれは幾分マシにはなるが
あれは無機質な文字の羅列に過ぎず
そこに感情はなく
真意本位は伝わることはない

ツイッターやブログではなく
いいたいことは直接本人に伝えたい

伝えよう
[PR]

by lastest | 2010-12-17 23:35

地域活性化の代償

ホンマでっか!?TVで
心理学の植木先生が
恋のはじまりは相手に対してイライラし始めたとき
という名言を云っていた

要するに欲が出ていた状態ということが出来るんじゃないかなぁ
有機物無機物問わず
対象に対して何かを求める
それが恋というものなんじゃないだろうか


尾木ママは
ツイ呑み
というのが流行っているという話をしていた
ツイッター呑み
ビールなう
とか
つまみなう
と呟きながらお酒を呑むらしい

オレは恋愛の醍醐味というのは
感情の揺れ動きとか
自分の思い通りにならないことを
我慢したりなんとか攻略したり
つまりある種自分にストレスになること
それを楽しむのが恋愛なんじゃないか
と考えている

草食系は
傷つくのが嫌だから
恋愛に発展させることなく友人として異性とケーキバイキングにいく

傷つくことを過度に怖れている

ただ
ツイッターとかチャットとかで繋がりたがる
少し前にほろよいという缶チューハイのCMで
ウェブ呑みという言葉が出ていた

明治大正時代の恋愛にこれはありえない
よく知らないけど
おおっぴらには男女って会えなかったんじゃないの
婚前前は
それこそ逢瀬といわれるようなものだろうなぁ

ツールが増えることはとてもいいことだとは想う
パソコンが出来て情報収集が楽になって
携帯電話が出来て連絡を取ることが楽になって
と科学発展するのかいいけれども
人間の許容できる範囲を超えているのではないだろうか

オレは今すぐ携帯を失えば
連絡を取ることが出来なくなる友人がたくさんいる
オレの頭の中に11ケタの番号を何百軒も暗記できる容量はない
かといって手帳をいつも持ち歩くほどマメではない

恋愛というものは
文化の発展していく上で
現代の人間だけが得られた快楽だ

原始人がセックスするときに
子供に観られないようにしていたとは考えにくい
そこに秘め事という恋愛ならではの恥じらいがないからだ

傷つくことを忘れた現代人は原始人に逆戻りしたのかもしれない
己に関係のない情報ですら
いち早く届く世の中では
それをバッシングすることがひとつのストレス発散手段になってしまった

己に必要な情報つまり好きな異性の情報を収集し活用しようとはせずに
己に必要のない情報で賢くなったフリをする

なにか失ってはいけないものを失ってゆく
それに気付くこともしようとせずに
[PR]

by lastest | 2010-12-16 23:12