<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

あふれ出てくるもの
このひとは
とても大切なひとだ


空気
とか
雰囲気
とか
もうそういう次元ではなくて
ただ
単純に
そのひとがそこにいるだけでいい

オレのそばじゃなくても
ただ
そのひとが存在するだけでいい

そういう
ひと

いるオレは

大きな幸福に溺れている

おもう

あのひとのことをかんがえると
ワクワクするのは
なぜだろう

あのひとのことをかんがえると
ザワザワするのは
なぜだろう


東京では桜が開花宣言されて
気温もあたたかく
女の子の服装も
薄着になったり短くなったりして
たまにさむくなったりしますけど
冬は終わりを告げようとしていて

花粉症でもないのに
なにかムズムズ
というかソワソワ
なんか
心が落ち着かなかったりする

同じ街でも
季節によって配色を変え
普段逢えないひとの
声が聴きたくなる

3年前の今頃に
たくさんの正と負について
気づかされたことがあって

強く
儚く

激しく
優しく

生きて
死んで

そういう
背反するような事柄の
単純なようで
理解し難い
なにか混沌として流れていくもの

とどまっているようでいて
いつの間にか
自分のなかから流れ出ている

自分のなかにとどまっているもの
つまり
性根は変わらないんだよ
という
死刑宣告みたいなモノ

綺麗な夕日に照らされた
飛び込み自殺の死体

放射能にまみれる
輝く子供たちの瞳

何もなくならないんだよ

そうひとことばだけ
漂わせるように
空気にふるわせるだけでいい

たった
それだけで
少なくともオレは救われる

自己欺瞞だとわかっていても
それをせずにはいられない自分がいるのだから

だから

あなたに頼っちゃうの

何回も言おうと想ったんだけど
それを音にしたら
壊れてしまう気がして

だから
伝えられなんじゃない

いいかげん
きづいてよ
[PR]

by lastest | 2014-03-29 01:13

たまごごはんに梅干しとごま油が合う

色んな
自分が全く知らないヒトは
相手も自分のことを全く知らない

オレに人生があるように
そのヒトにも人生がある

街中で全く知らないヒトに
不快感を覚えることがある

煙草の煙とか肩がぶつかる
とか

それに不快感を覚える自分の
スケールの小ささは置いておいて
そういうヒトにも親がいたり子供がいたり
家に帰れば待っててくれるヒトが
いるんだろうなぁ

オレが大切に想っているヒトは
オレのことも大切に想ってくれている
と仮定して

じゃあ
知らないひとにもそういう人間関係はあるのだろうなぁ


例えば
エスカレータをふさいでいる年配の女性とか
自分の母親と重ねてみる
オレみたいな子供がいるのだろうか
とか
エコバックを持っていれば
これから家に帰って料理を作るのかなぁ
とか
旦那とは恋愛結婚かなお見合いかな
とか
色々想像してみると
なんか
自分の不快感とか結構どうでもよくなって
結果自分の精神衛生状態が良くなる
ことが多い

それが
知り合い
とか
親友
とか呼べるヒトになれば
それは尚更顕著になって
少し不快感というか違和感を覚えても
あくまでそれは
自分のなかで生まれたものであって


そうか
こういう考えもあるのか
こういう言葉の使い方もあるか

嫌味でもなんでもなく
勉強になるなぁ

結局
そういうところで
自分は得してるなぁ

色々な形で気づかされることがあるのです

人間関係
って
漢字にすれば四文字だけど
そこには無限の楽しさが詰まってるなぁ

生ぬるい空気のなかで
感じた今日でありました
[PR]

by lastest | 2014-03-24 01:29