最期は嫌な予感がする

想い出はそっと心にしまうべきだ
なんて
考えたこともなかったけれど
それが無難に生きるコツであることを学んだ

あまり深くまで潜り込んでしまうと
あがってくるのが困難になる
嵌らないうちにあがってこなければ
上からの問いかけにも返事が出来なくなる

コソコソと逃げるように生きるよりも
堂々と生きていたほうが
生きてることの確認もしやすいんじゃないかなぁ

あぁ
身に余る倖せ
これを感じることの出来る幸せ

何を考えたらいいかわからない
とりあえず
ネコの寝息でも子守唄にするか
[PR]

by lastest | 2008-04-27 23:00